アーユルヴェーダ商品メニュー
スリランカの国章

team-6%

チーム-6%とは・・
深刻な問題となっている地球温暖化。 この解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。 世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。 これを実現するためSの国民的プロジェクト、それがチーム・マイナス6%です。

日本コンサルテーションCo.,Ltd

■オフィス
茨城県かすみがうら市
坂2802-2 AYUR庵

TEL:029-896-0200
FAX:029-896-0114

▼アーユルヴェーダ相談室
029-896-1687 (平日11:00-12:00)

メールでお問い合せ

■スリランカ オフィス
151/4, Kanaththa Road, Boralesgamuwa.Sri Lanka

Tel: 011-5664801
Fax; 011-2518353

アーユルヴェーダの情報を、モバイルサイトにてご覧になりたい方は、QRコードを携帯で読み取ってご覧下さい。

アーユルヴェーダのモバイルサイト

アーユルハーバルyahoo!ショップ

スリランカ アーユルヴェーダ省特定公認 総代理店

スリランカ政府訪問

日本コンサルテーションはこの度、MInistry of Indigenous Medicine【スリランカ伝統医学省(アーユルヴェーダ省)】の管轄するSri Lanka Ayurvedic Drugs Corporation (スリランカ国営アーユルヴェーダ薬剤公社)と世界で初めて独占契約を結ぶこととなり、平成18年7月13日に正式にスリランカアーユルヴェーダ省特定公認の総代理店となりました。
アーユルヴェーダ省は、約5000年前より連綿と受け継がれてきた天然ハーブを使用し、様々な製品を製造・管理しています。
今まで手に入りにくかった、スリランカアーユルヴェーダ省が誇り提供するこれらの天然ハーブ製品の数々を世界中の皆様にお届けできるのは、日本コンサルテーションだけです。
また弊社では、アーユルべーダ省が特に推奨する製品もご提供致します。

スリランカ政府訪問

小田博士と弊社

小田博士とツーショット

(財)国際科学振興財団 バイオ研究所 評議員
筑波大学名誉教授
精神病理学者  医学博士  小田  晋 先生


小田先生とは知人を介し面識をいただき10年来のお付き合いをさせて頂いており、 アーユルヴェーダにも大変造詣が深くお会いする度にアドバイスを頂いております。

また弊社の理念と業務に共感して下さり、先生自身スリランカ政府に協力したいと申しており、 弊社に対しても、心より応援してくれております。

小田先生より頂いた直筆のお手紙


What's New【新着情報】

2008/04/08野生のはちみつ【ハーバル・ハニー】発表

2008/03/20YahooShopオープン

2008/02/10ホームページリニューアル

Q&A

Q.
アーユルヴェーダとは
A.
アーユルヴェーダはサンスクリット語で、アーユス【Ayus(生命)】とヴェーダ【Veda(科学)】が組み合わさってできた言葉です。
アーユルヴェーダは生命全体を包含し、個人の生命と宇宙の生命の繋がりを法則化したものです。
人間の身体を一つの宇宙として考えます。
身体、精神、霊魂の3つが、ともに健康であることを、目指しています。個人の生命と、宇宙の生命をより深く調和させるためのあらゆる術をもっています。

Q.
インドアーユルヴェーダとの違いは
A.
スリランカアーユルヴェーダは、古代インドを発祥の地として遥か5,000年の歴史を持つアーユルヴェーダと、デーシャチャキッサというスリランカ固有の伝統医療が融合したものです。
インドにはないスリランカ独自のハーブを、多数使用するのが特徴です。
スリランカにしか自生しない、貴重なハーブ・薬草が脈々とスリランカアーユルヴェーダに生かされ続けています。
また、アーユルヴェーダが最も生活に密着し、その原型が純粋に残っている地域といえば、インドではなくスリランカと言われています。 スリランカは、1961年にアーユル・ヴェーダ法を制定し、1980年に保健省(アーユルヴェーダ課)を創設しました。
現在、スリランカアーユルヴェーダを、国の知的財産として後世へ伝える為に、積極的に取り組んでいます。

Q.
スリランカについて詳しく教えて下さい。
A.
スリランカという名称ですが、実は通称なのです。
正式名称は、スリランカ民主社会主義共和国。
スリランカの首都は、スリジャヤワルダナプラコッテで、インド半島の南西にポーク海峡を介して存在する島国です。
1972年までは、セイロンと称していました。
現在もこの国がある島は、セイロン島と呼ばれています。 国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは、世界初の女性首相です。
国民の大半が仏教徒です。

Q.
スリランカアーユルヴェーダ省とは
A.
アーユルヴェーダが、スリランカでどれほど重視されているのかは、政府にアーユルヴェーダ省が存在することで容易に推測できます。
スリランカアーユルヴェーダ省は、スリランカアーユルヴェーダを後世に伝え、世界に広めることを目的とする為、2001年に保険省より独立しました。
約5000年前より伝わるスリランカアーユルヴェーダを国の知的財産と認識し、国立アーユルヴェーダ研究所に厳重に収蔵・保管されている古文書や文献を体系化しました。
国立アーユルヴェーダ研究所、国立アーユルヴェーダ製薬会社、アーユルヴェーダ国立病院などは、アーユルヴェーダ省の元で厳格に運営されています。
また、薬草や薬木も多くが政府のもとで厳重に保護されており、輸出が禁止されているものも数多く存在します。

Q.
ハーブティーはカフェインが入っていますか?
A.
ハーブティーは、全商品ノンカフェインですので、お子様からご年配の方まで御家族皆様でお召し上がりいただけます。

Q.
ハーブティーの消費期限は?
A.
有機無農薬ですので、箱記載の年月日を目安にご賞味下さい。通常は1〜2年ですが、風味が損なわれないよう、お早めにお召し上がり下さい。

Q.
ハーブティーの製造元は?
A.
ハーブティーの製造元は、スリランカアーユルヴェーダ省推奨のBiofoods社です。
厳選された、無農薬完全有機栽培のハーブを使用して、ハーブティーを製造しております。

Q.
SLADCとは?
A.
(SLADCとは、スリランカ アーユルヴェディック ドラッグス コーポレーションの略称です。

Q.
ハーブ医学とは?
A.
アーユルヴェーダのハーブ医学は、世界最古でありながら、最も先進的な医学であるでしょう。
個人の必要に応じて応用出来る治療です。
現在、治療におけて精神面へのアプローチが、重要視されています。 アーユルヴェーダでは、ハーブの精神面・心理面への作用を体系化してきました。
今、現代社会が最も必要としているハーブ医学であることは、間違い有りません。